2012-08-03 16:00 | カテゴリ:釣行日記&ボヤキ
ここ最近お店のお客さんやガイドのゲストさんから「自作チャターってなんなの」という問い合わせが多数


教えたいとこですがまだまだ寝かせたいんでまだまだです
すいませんm(_ _)m
(一部ガイドのゲストさんにはお見せして釣ったりしましたが…)


で、今回JBNBCの房総チャプターのコメントにも書きましたが「巻きにはDSCC-602UL-AS」と書きましたが、まさしく自作チャター専用ロッドとして使用したロッドを書きました


ロッドパワーとしては柔らかいプラッキングロッドです。


なぜチャターにこのロッドなのか






「バイトを乗せる」ということです
(自作チャターはまだなのでモザイクかけました

引ったくるバイトやつまむようなバイトが多いのでそこで固いロッドにしてしまうとフッキングミスややりとり中にバラしてしまうことがあるのでそれを防ぐためのロッドです


あとリールにもこだわります

今回ベイトフィネスにチューニングしたZPIのスプールを使用していますが、ベイトフィネスといったらみなさんはハイギヤを使いますよね


ワームの釣りでは僕はハイギヤですがプラッキングで使用するときは基本ローギアです


今回はアルデバランMGを使用しましたがこれは1:5.8のローギアです。


これをハイギヤで巻きをしてしまうとバイトが浅いときは口切れしてしまうのでゆっくりロッドの弾力とリールのローギアでやりとりすることでバイトを軽減することができるのです

もちろんアルデバランMGのドラグもしっかり使いながらやりとりをします


トータル的に釣りのバランスがとれて釣果に結びつくとぼくは考えます


これからの時期の亀山ダムは巻物でも好反応する時期です
ミスをある程度防いで良い釣果をあげて下さいね


詳しいことはガイドサービスでも説明しますよ
(タイミングが合えば実釣で教えられます)

良かったらご利用ください
スポンサーサイト