2015-03-20 22:00 | カテゴリ:釣行日記&ボヤキ
さてさて今回の房総チャプター第1戦のプラクティスを書きたいと思います。

日曜日の午後からプラを行ったんですがマスターズの選手が帰着したタイミングで軽く本湖チェック!

ワカサギはポツポツいるんですけどまだしっかりシャローには差していない感じでした!
水温が約9℃台で水温的にはワカサギパターンでハメれる水温。
魚探のセッティング等などもしていたのでざっくり釣りした感じです。
この時期にバスがワカサギパターンで差すであろう場所のチェックとタイミング、ルアーのチョイスなどやった日曜日でした。
やっぱり魚探の力って改めて必要性を感じました!

moblog_f4f95576.jpg
僕はローランスのHDS―8とバージョンアップしたHDSタッチ12を使用。

ベイトなどの追っかけていたので『タイミング』というのがわかり自分が心がけている「釣れちゃったではなく釣った」になるんです。


2015032009233623a.jpg

月曜日に釣ったハンクルのザッカー65SP(改)は反応が良かったですね!


20150320092335823.jpg
ベビーシャッド60FCで40後半!
ベイトフィネスで使用!
去年もこのルアーは良い思いをしているんですよね。
だからいつも1軍のシャッドです(^-^)

月曜の夕方に降った雨の影響で水温がや約2度上がり間違いなくシャローと確信。
案の定火曜は折木沢上流は爆釣だったみたいです。

火曜日までやってわかったことは…
シャローで釣れるバスはウエイト稼げる。
ディープより数が釣れやすい。
タイミングが大事。


まあ簡単にはこんな感じのイメージです。
やることも月曜の段階でシャローでのシャッドやミドストをやることは決まっていたし月曜の夕方の雨で火曜日の水温が上がっていたことによりほぼ確信していました。
トキタボートさんの平日大会で優勝したことで苦手意識があった「春」が自信のある「春」に変わった感じです。
まあ来年になったらまた苦手って言うかもしれませんが(笑)

本番はまた後日書きます。
スポンサーサイト