2013-08-22 19:00 | カテゴリ:釣行日記&ボヤキ
さて先ほどから「状況教えて」や「組み立て」などメールが頻繁に来ているのでとりあえずプラの組み立てやぼくの考えを書きたいと思います(笑)


今回はお盆休み後のチャプターなので


1、目に見えるストラクチャーは人的プレッシャーが高い
2、日々減水が進んでいるのでバスのポジションが変わりやすい
3、中層(スクール又はサスペンド)でのバスとベイト


まあ簡単にはこんな感じ。

自然に考えるのであれば『目に見えないバスが差す場所』を探すのが簡単な考え。

そういうポイントはやはり…



魚探が必要


今度書きますが前から「魚探のセッティングを変えます」と書きましたが
今回はそれがハマりましたo(^o^)o

あとはこの時期は立ち木などにサスペンドするバス。

バスはいるんだけどプレッシャーで口を使いにくく超一級の立ち木が釣れました。
(チャプターでもそういうところ狙った人は良いサイズを釣ってました)




KIMG01805-1.jpg

ティムコ(また(笑))のスーパーリビングフィッシュ4"のピクピク!

フックはデコイのボディーフック♯3を使用!

痩せているけど50cmのバスでキロオーバーです。

このワームは「ピクピク専用」として試合で導入しています。

正直このワームを使っている方はほとんど亀山ダムではいないですね!

ピクピクなら「あのワーム」
より釣れますね(*´ω`*)



KIMG0815-1.jpg

フィッシュアローのKOチャターは相変わらず釣れますね!

フィーディング絡みのバスです!



Facebookで書きましたが月曜日の時点で今回の房総チャプター第4戦の攻め方は決まっていました。


たくさんバスを釣った中で(1日約20本ぐらい)『ベイトにリンクするバス』というのが見えており今回メインエリアの一つであるで本湖での魚探を使った釣りがメインになる確信はありました。

いろいろ理由がありますが一つだけ教えられるのは


狙って釣っている人がほとんどいない

ということです。

つまり「釣った」と「なんとなく釣れた」の差です。

この差ってすごく大事なことなんですよ。

チャプターのお立ちのコメントでみなさんには言いましたが詳しくは直で聞いてください(笑)


今回の房総チャプターでは本湖~よりとも方面でワカサギを追う表~中層、3m前後でスクールするワカサギとバスを追うことにしました(^^)


では本番は後日書きます!
スポンサーサイト